スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式写真のサンプル 2012年08月06日 人々 トラックバック:0コメント:2

wedding1.jpg

wedding2.jpg

wedding3.jpg

wedding4.jpg

wedding5.jpg

wedding6.jpg


毎日、思ったよりも忙しく、なんだかんだと言い訳をしてしまってウェブサイト作成があまり進んでいませんが(我ながら情けないなぁ)、簡単なサンプルを見せて欲しいというお客様のために、とりあえずこのブログに少しだけ載せることにしました。

8月に入り、夏休みもいよいよ佳境に入ってきました。久しぶりの長期家族旅行に出ています。国立公園をいろいろ巡り、ハイキング&写真撮り三昧です。暑い。帰って来たら写真アップしますね。皆様も、毎日笑顔で!


...

キャンプ 2012年07月26日 チビ君 トラックバック:0コメント:0

072212.jpg

072212-2.jpg

夏休みといえばキャンプ!

というわけで、今年も家族で行ってきました。猫とハムスターはお留守番です。向かった場所は、車で4時間ほど走った内陸にある「プルーマス国立森林」。ダンナのイトコ達と現地で合流し、さらに彼らのイトコ達とそのご家族にも会いました。

針葉樹林のド真ん中にあるキャンプ場に着くと、目の前には一見すると湖にしか見えない、アメリカサイズの大きな貯水池がありました。人々はここで泳いだり、カヤックに乗ったり、水上スキーをしたり、ボートに乗ったり、釣りをしたりと様々な楽しみ方をしています。

電波がまったく通じず、皿洗い場も、お湯も、もちろんシャワーすらもない、なかなかヘビーなキャンプ場でしたが、静かで美しく天気も最高で、子ども達も犬も無条件で大喜びしちゃうような、素敵な時間を過ごせました。

今日の写真は、日が沈んだ後の一番光がキレイな「ゴールデン アワー」と呼ばれる時間帯に、水辺でくつろぐダンナとチビ君を撮ったもの。たくさん写真を残しましたが、その中でもお気に入りの一枚になりました。この後、とても細い三日月が姿を見せ、たくさんの星で空が埋まりました。

キャンプ・ファイアを囲み、その火でスモア(焼いたマシュマロとチョコレートを挟んだアメリカでのキャンプ定番のお菓子)を作り、お酒を飲んだり、みんなで言葉ゲームをして大笑いしながら、あっという間に夜は深まってゆきました。

子ども達の体力が底を尽きた頃、テントに戻って、ようやく寝袋に入って眠り、正体不明の動物(実はクマかもしれないけど)の音に何度か目が覚めたりしつつ、微かな腰の痛みを感じながら起きた朝、冷たい水で顔を洗って一気に目が覚めるあの感じ、とてもイイですよね。2、3泊したら、シャワーが恋しくて家に帰りたくなってくるけれど、それがキャンプの醍醐味。お金をあまり使わずとも中味は十分に濃い小旅行。満足できる週末になりました。



。。。

大リーグ観戦 2012年07月13日 チビ君 トラックバック:0コメント:2

070712.jpg

約1ヶ月ほど前、2学年を無事に終えたチビ君へのご褒美として、学年末のプレゼントをあげました。それは、アスレチックス 対 マリナーズ戦のチケット。今年から野球を始めたチビ君は、イチロー選手の大ファンなんです。

今更イチロー?感があるけれど... ダルビッシュじゃないのかよ!的な。ま、それはおいといて...。

試合日は7月7日。チビ君の願いを七夕様が叶えてくれました。本来なら地元のアスレチックスを応援すべきところを、適地にやって来たマリナーズ側につくことに。目の前で守備に付くイチロー選手を観れるように、ライト側の前から3列目の席をゲットしました。

チビ君は、表には「ぼくのヒーロー イチロー」と日本語で、裏には「Ichiro My Hero」と書いた手作りサインを用意し、マリナーズの帽子を冠り、背番号51が付いたシャツを着て、久しぶりの電車に乗ってオークランドにある球場へ向かいました。

朝からかなり興奮していたチビ君。「電車+野球観戦(しかもナイター)」の組み合わせは、かなりの魅力です。車ばかりのアメリカ社会で暮らす野球好き鉄道少年の鼻息が荒くなるのは仕方ありません。

試合が始まってからは、例のサインを高々と掲げ、イチローの名前を連呼して、笑って踊って楽しそうでした。でも、声が枯れるくらい「イチロー!!!」と叫びまくっているのに、クールなイチロー選手は振り向いてもくれません。実際にチビ君が書いたサインが肉眼で読めるくらいの距離にいるのにね。

そしたら、見かねた周りの大人達が次々に「イチロー!この叫んでる子はここよ!」とチビ君の席を差したり、「Hey, come on, Ichiro!」と野次(だよなぁ、どう考えても)を飛ばしてくれたおかげで、おそらく「うるせーなぁ、ったく」と思ったイチロー選手は、チビ君の方を見て「はい、どうも」という感じで頷いてくれました。その時の嬉しそうな顔が左の写真です。

結果は7−1で、マリナーズの勝利。「僕が応援したから勝ったんだ!」とかなり自己中心的にゴキゲンなチビ君。本来なら寝ている時間に野球場に居て、綿菓子を買ってもらって、しかもイチローを見ているという、アンビリーバブルな事実がかなり嬉しかった様です。あんなに幸せそうにはしゃいでいる姿を見れるのは、親としてもやっぱり嬉しい。帰宅したのは11時過ぎだったけど、翌日は疲れも見せずに、またキャッチボールをしていました。

爽やかな風の吹く球場で、沈んでゆく太陽の光を見ながら、ホットドッグを食べ、周りの人々と談笑し、ひまわりの種を噛み、ビールやマルガリータなんぞも呑みつつ、叫んで笑った七夕の夜。夏休みの良い思い出が増えました。チビ君、またいつか行こうね。


。。

ハイキング 2012年06月30日 チビ君 トラックバック:0コメント:0

062812.jpg

久しぶりにハイキングをしたい気分になり、チビ君を誘って車で15分位行った所にある公園(Garin Regional Park) に出かけました。ヒマワリの種を食べながら(そう、アメリカではこれが「おつまみ」的に売られているんですねぇ)。チビ君とお喋りしつつテクテクと歩きます。写真は、公園入り口でジャンプするチビ君。

カラッと晴れた、仕事がない日の朝。いいですねぇ。夏休みだけど殆ど人がいません。乾燥してカラカラになってしまった丘を通り抜けると、ちょっとした森林っぽい雰囲気の場所に着きます。ところどころに水が流れていて、橋があって、ちょっと行くと沼があって、野うさぎに遭遇したり、リスに見つめられたり、トカゲが横切ったりするような路。良いストレス解消法の一つです。

チビ君は走るのが思いっきり苦手&遅いけれど、歩くのは割と好きらしく、文句も言わずにどこまでも付いて来れます。3年半前に私とダンナでヨセミテ国立公園のハーフドームの頂上まで登りましたが、チビ君も早くそれがやってみたいそうです。結構過酷なトレイルなので、せめてあと6年くらいは無理かなぁ?と思うのですが。

日本はすっかり雨期でしょうけれど、こちらは本格的なドライな夏に突入です。なぜか肌寒い日も多々あり、体調を崩しやすい季節です。今日で6月も終わりなんて、ちょっと信じられませんね。2012年も、半分が既に過去になってしまった。

7月、8月は予定が結構入っていて、なかなか忙しくなりそうです。とりあえず、今ひいている風邪を早くなおさなくっちゃ。今日はこれから結婚式の撮影。ダンナと久しぶりにサンフランシスコに繰り出します。有意義な一日になりますように...。


  

夏期滞在者 2012年06月29日 動物 トラックバック:0コメント:2

061512.jpg

チビ君は、理科が大好きで、生物やら、宇宙やら、科学っぽい事にとても興味があります。昼休みや放課後に理科室にフラリと遊びに行っては、そこで飼われている魚や虫やハムスターを観察するというのが日課です。理科の先生も快く迎え入れてくれて、ありがたい限り。

なので「夏休み中、もし良ければハムスターの面倒を見てくれません?」と先生に頼まれた時は断るにも断れず、チビ君はもちろん「YES!」の二つ返事ですっかりその気になってるし、特に長期旅行の予定もないし、しょうがないかと、OKの返事をしました。

そんなわけで、他にあんなに生徒がいるのにもかかわらず、選ばれて我が家にやってくる事になったハムスターの「Squirmy」。雄、年齢不詳、目の色は焦げ茶に近い赤。只今、チビ君の愛情を鷲掴みにしています。

最初は環境が変わったせいか興奮して私の指を噛んだりもしましたが、今ではすっかり慣れてきました。私の声を聞くと、小さな小屋から飛び出して来ます。なかなか可愛い。そんなもんだから、我が家の猫はスネてしまいました。猫とハムスターをご対面させない様に気を使うのも大変なんですけど。

チビ君が作った「迷路」で遊ばせたり(写真参照)、手に取って戯れたり、カゴの外からジックリ見つめたり、いろいろ楽しんでいます。私も小学生の頃、ハムスターを飼っていたので、その頃の気持ちを思い出しつつ、精一杯世話をしてあげるつもりです。あ、今日はカゴ(檻?)の掃除の日だ。ホント、それだけが面倒ですねー。


  

母の日、父の日 2012年06月28日 チビ君 トラックバック:0コメント:0

061712.jpg

先月は母の日、そして今月は父の日がありましたね。地球上の全世界の人間に、それぞれ両親(または両親的存在の人物)がいて、その人達に小さい命を守ってもらったおかげで、こうして生きてるわけです。たくさんのオムツ、たくさんのミルク、それらを想像するだけで単純にスゲーなぁ!と思ってしまいます。

そんな私も「母」になって7年以上が経ちますが、未だになんだか不思議な気持ちに襲われます。時々、鏡の中に映る自分の顔を見ながら「誰?これ?」って思う様に、寝ているダンナの顔を見ながら「この人は誰?」って思う様に、漢字やアルファベットを長時間見続けるとなんだか変な文字に見えてくる様に、チビ君の姿を見ながら「この子は一体どうやってここにいるんだろう?」って気持ちになってしまいます。

自分が産んだのに、毎日同じ屋根の下で暮らしているのに、こんなにも特別な存在なのに。何だか夢のような嘘のような、とにかく上手く言葉で言い表せない感じ。分かるかなぁ?

今日の写真は、私とダンナが「母の日」と「父の日」に、お互いのポートレイトをチビ君と一緒に撮りあったもの。これから出来れば毎年増やしていきたいコンセプトです。チビ君だけがどんどん大きくなって行くんでしょうけれど。本当に、子どもが成長するのは早いですね。


   

ワクワク学期末 2012年06月28日 チビ君 トラックバック:0コメント:0

052512.jpg

アメリカの学校は6月中旬から夏休みに入ります。なので、5月が終わる頃には、先生方も長期休暇を目の前にして心が浮いてくるのか、通常の授業がお遊びムードになってきます。2週目は短縮授業だし、宿題も全て無くなるし、ダンス大会やゲーム大会やランチ会が開かれたりして、本当に気楽なものです。

これは、そのダンス大会が開かれた朝に撮ったもの。校庭に全校生徒が椅子を持ってきて、各学年のダンスを発表し合う趣旨のものです。なぜか女の子に囲まれ、相変わらずおちゃらけているチビ君。こういう非日常的な学校行事では、みんな無条件にワクワクしていますね。

いつも笑顔で、いつも上機嫌なチビ君。この性格は財産だと思います。好きなものは、トコトン本格的に猛烈に好き。興味がないものはダラ〜リとやる。周りを気にしない、かなりのマイペース。嫌いな子はいない。一人遊びが上手だけど、友達と調子に乗って悪ふざけもしちゃう。「ちょっと不思議な子」っていう位置づけをされつつも、周りからは適当にかわいがられているようなので、学校を楽しんでいる様子を見れると私も嬉しいです。

とにかく、3ヶ月弱の長い夏休みが始まりました。学校がないと、毎日の習慣が変わって少し寂しくなるのも事実です。仲良しのお友達と一緒に遊べればいいのだけれど。でも皆さん、それぞれの予定で忙しそうだからなぁ。さぁて、どんな夏になるのやら!?


  

ゲームボール 2012年06月28日 チビ君 トラックバック:0コメント:0

060512.jpg

今月上旬で、チビ君が今年から始めた野球(リトル・リーグ)のシーズンが終わりました。

文字通りの初心者が集まった「Hot Rods」チームは、20試合戦って、結局1勝も出来ませんでした。引き分けすらもなかったので、やたらと守備の時間だけが長かった印象があります。観客席で見ている保護者一同としては何ともモドカシイ日々が続きました。

それでも、チームメイトと一緒にいる事の楽しさ、練習の大切さ、応援する(される)事の嬉しさ、バッターボックスに立った時の緊張感、ヒットを打って周りの歓声を聞いた時の高揚感、悔しい気持ち、そして何より奥深きベースボールの最初のステップを学べた事など、収穫はたっぷりありました。

チームが結成された頃はキャッチボールも出来ず、バットの振り方はもちろん持ち方すら良く分からず、ボールを打ったら一塁に走ることも理解できていなかった子ども達は数ヶ月で見違える様に上達しました。チビ君も、シーズン通算でヒットを6本くらい打ち、RBIが2回、ホームベースを踏んで得点することも出来ました。

最後の試合では「これこそは野球だ」と言えるゲーム展開をし、もしかしたら初勝利になるかも!という、今まで経験した事のないドキドキ感も十分に味わえました。結果は6−5で逆転負け。試合後チビ君は、あまりの悔しさに、私の胸の中で大泣きしました。

今日の写真は、初めて2塁打を打った日にコーチがくれた「ゲームボール」を手にした瞬間のものです。毎試合後ベンチにチームを座らせ、その日一番頑張った子どもに渡される記念ボール。一番最後まで貰えなかったチビ君は、初めての名誉に感極まり、この後見事に両腕をあげてガッツポーズ。嬉しかった思い出の一枚です。

今ではすっかり野球好きになり、暇さえあればキャッチボールをしたがります。そして、遅ればせながら、ピークを過ぎてしまったイチロー選手の大ファンになりました。ダルビッシュよりもイチロー。渋いね。ベイエリアに住んでいるのにシアトル・マリナーズの帽子を冠り、テレビや YouTube でイチローの好プレーを見ながら日々興奮しています。まさに単純明快。

こんなふうにして、男の子はスポーツ好きになっていくんでしょうか。素晴らしく華やかなプレイの影には、毎日持続されるべき練習があるってことは、まだ分かってないんだろうけれど...。ここ数ヶ月でちょっと成長した少年は、今日もベッド横に貼ってあるイチローの写真を見ながら眠りにつきました。頑張れ、チビ君。


  ...

初安打・RBI 2012年04月21日 チビ君 トラックバック:0コメント:4

042112.jpg

昨日の試合の2打席目、とうとうチビ君がいいタイミングで初安打を打ちました。というか「バットにボールが当たってくれて、どう見てもただのゴロなんだけど、相手チームの守備もまだ上手じゃないので走ったらセーフだった」という言い訳付きですが、これが見事にRBI(Run Batted In = この打撃によりチームが得点したこと)に。キャー、やったね!!

(こうして野球専門用語やスコアの付け方まで次々と覚えて行く自分自身にも少し驚いております。)

キャプテンだけを除き、選手全員が初心者っていう仲良し弱小チームなのですが、小さな日々の努力が実って、シーズンが始まってから7試合目で初めて得点することができました。しかも5点も!どうしちゃったの?と、パパさんママさん達大興奮! 文字通り、不必要なまでに「!」の連続で驚きの試合。いやぁ、楽しかったです。

実は1打席目もヒットらしきものを打ったんだけど、1塁のベースを踏まずに走り抜けてしまいアウトになったチビ君。なんやねん!「ベースとは、踏むためにあるのだ」ということをひたすら伝えるコーチ。すんません。

結果は、残念ながら8-5で負けちゃったけど(勝つって大変ですねぇ)まずは「得点出来た、ヒットも打てた、ほら、君たちはどんどん上手くなってるぞ!」という所に重点を置き、次こそは勝てる様に頑張ろう!とチームを盛り上げて試合終了。

打っても走っても守ってもニコニコ(ヘラヘラ?)と笑顔が消えないチビ君に、コーチが付けたあだ名は「スマイリー」(笑)。時々すんごい行動をしてくれるので親としてハラハラするのですが、いつも自然な笑顔でいられるこの憎めない性格だけは変わらないで欲しいと、側で見守りながら思うのでした。

次回に乞うご期待。Go, Team "Hot Rods"!



.....

達成感 2012年04月20日 人々 トラックバック:1コメント:0

042012__.jpg

近頃、「これを成し遂げた!やったぁ!!」というような感覚をあまり味わっていない気がします。納得の行くようないかないような、中途半端な生活を送っているのが原因なんでしょうけれど。

でも、時として「よく頑張ったな、自分!」と言える瞬間があるのは素晴らしいし、絶対に必要ですよね。小さな目標を作って、それを成し遂げる練習や実践を日々の生活の中で出来ればいい。後から振り返って自分自身への勇気活性剤になるような結果を、どんなに些細なものでもいいから積み上げていければなぁ。5年後、10年後に振り返れば、確実な「何か」になっているはずですもの。

今日の写真は、3年前にヨセミテ国立公園のハーフドームの頂上まで登った時に撮ったもの。頂上から下界を見た時はそりゃ嬉しかったけど、あの岩を下って、足に靴擦れ・水ぶくれを作りながら、スタートしてから11時間後にちゃんとスタート地点に無事に戻ってこれた時の感動も大きかったです。達成感、ありまくりでした。

次に、次に、進んでいけるといいですね。小さな一歩の積み重ねが人生だもん。


.....

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。