スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユタ滞在記:その4「アーチス&キャニオンランズ」 2012年09月18日 チビ君 トラックバック:0コメント:4

081412-5.jpg

081412-2.jpg

081412.jpg

081412-4.jpg

081412-6.jpg

ユタ州での旅も中盤に差し掛かり、エスカランテから、北東へ進むこと約5時間。火星を想像させるような土地を車でずーっと走り続けます。時々私達しか車がなくて、ここでエンストしたらどうなるんだろ?とドキドキしながら進みました。

3泊の予定で、モアブという、観光だけで成り立っている小さな町に移動しました。なぜかやたらとフランス人観光客が多かったです。お土産屋さん、レストラン、パブ、コインランドリー、カフェ、スーパーなどがあって便利。溜まった洗濯物もこの町で済ませました。地ビールも堪能しましたよ。

でも、モアブでの一番の目的は、念願だった「アーチス国立公園」に行くこと。

そこは文字通り、アーチ状になったりしている不思議な岩の塊があちらこちらにある壮大な土地で、南東ユタでは一番有名な国立公園だと思います。ダンナは毎朝ロードバイクに乗りながら、自転車特有の自由さで走り回って来たらしいのですが、その贅沢な景色の「非日常的っぷり」にかなり興奮していました。

まず初日は「デリケート・アーチ」と呼ばれる岩までのハイキングコースに挑戦。行きはずっと登りでした。風が強くて、砂埃が舞い、目も足も腰も痛くなって来た頃に、ようやくお目当ての岩が見えてきます。あまりの強風に体のバランスを保つのが難しく、ついでに私の帽子は谷底へ飛ばされてしまいました。本音を言えば少し怖かった。落ちたら死ぬな、ってのが分かりましたもの。

一枚目の写真は、その目的地に着いた所でサンドウィッチを食べる私とチビ君。岩と岩の間に隠れる様にして、なんとか強風から身を守ります。後方に見えるのがデリケート・アーチ。フランスから来た若い学生集団が元気そうに騒いでおりました。

2枚目の写真は、亡くなったおばあちゃんから貰ったポラロイドカメラを使ってダンナが写真を撮っている所を不思議そうに見つめるチビ君。白黒のポラロイドフィルムを取り寄せ、電池の部分を自分で改造して(何たって最後に使われた電池の記録が1975年になってました!)ようやく使用出来る様になったカメラです。今年はおばあちゃんの生誕100年目になるので、その記念にポラロイドでの撮影をすることにしたんですって。そのカメラのおかげで、デジタルしか知らない子ども達にはもちろん、いろんな人から注目され質問攻めに遭っていました。

ユタの空はすぐに変わり、カンカン照りだったかと思えば、あっという間に重たい雲に覆われたりしました。時々稲妻が遠くで光ったりもしていました。嵐になったら嫌だからと、急いでドンヨリ空の下を歩いているチビ君の写真が3枚目。それから、コロラド川の橋の上から手を振る私達夫婦(影だから分かるかな?)と、キャニオンランズ国立公園で撮った景色も載せています。

モアブ3日目の夜は、満天の星空を見るために暗くなってから再び公園内へ。辺りは恐ろしいほど静かで、明かりもないので真っ暗闇。巨大岩だけが私達を囲みます。チビ君は恐がってしまい、「帰ろう、帰ろう」の連続。私は鳥目なので夜は見えないのですが、ダンナはあまりの星空に感動していました。「あんなに一杯の星、見た事ない!」って。最後の写真は彼が撮ったもの。懐中電灯の光を使ってダンナが歩きながら、10分間露出して撮ったそうですよ。

これで私達の大自然アドベンチャーは終わりです。この後は、友人家族を訪ねて州都のソルトレーク・シティまで車を飛ばし、そこで2泊しました。観光を兼ねて市内をウロウロし、近くの山をまたハイキングしたりも。そのお友達のおじいちゃん&おばあちゃんのポートレイト撮影を頼まれていたので、少し仕事もしたりして。

そんなこんなであっという間の10日間。最終日は12時間半ぶっ続けでユタ州から(ネバダ州を真横に突っ切って)カリフォルニアまで戻ってきました。合計で2500マイル(4025km!)運転した事になります。チビ君は道中、文句も言わずにずっと景色を眺めてくれて、助かりました。ダンナも運転お疲れさま。

素敵な思い出、楽しいお土産話、拾ったたくさんのキレイな石、これからもずっと残る美しい写真。私達と一緒に大自然の中を毎日歩き続けたチビ君は、この旅が終わってから筋肉が少し付いたのか、頭脳が成長したのか、なんだか逞しくなった気がします。夏休みが終わればいよいよ3年生。また新しい生活が始まります。


。。。。

コメント

Re: ちひろ
今年のクリスマスカードは全然違うものになるよ。
後でのお楽しみだけど。

ユタは本当に凄かった。行って良かったって心から思える。アメリカはやっぱり広いね。国内外に関わらず、隣の町でも知らない場所はたくさんあるから、「ちょっと見てみよう」って思える気持ちが、もう「旅」してるってことだよね。
  1. 2012/10/17(水) 09:30:02 |
  2. URL |
  3. ユキ #-
  4. [ 編集 ]
どの写真も圧巻。昔の人が見た風景かもって思わせるし。
あのほっかむり、あなた?
行ってみたいな。熱いの困るけど、360ど見渡せる景色かぁ、気持ちが良さそう。

日本にいって、日本の国内旅行が楽しかったけど、アメリカも私が知らないだけで、実は沢山あるのね、行くべき所が。良かった。
夜の星も、そうかぁ、そんなに見えるもんなんだ。
私達は、そこら編に詳しい友人がいないから、あなたが行った秘境にはたどり着けないかもしれないけど、赤い砂のうえ、赤いアーチのしたにたちたーーい。


おばあちゃん100周年!おもろいカメラ。どう写ってるの?

とにかく今年のクリスマスカードはこの景色で決まり。
  1. 2012/10/09(火) 09:20:00 |
  2. URL |
  3. ちひろ #-
  4. [ 編集 ]
Re: あやこ
更新が楽しみだと言ってくれると嬉しいなぁ。きっと数人しかこのブログを頻繁に覗いてくれている人がいないんじゃないかと思うから...。今年の夏のドライブ旅行は、本当に楽しかったよ。アメリカってやっぱり広いから、信じられないような土地があるんだなぁって思った。海外旅行もいいけれど、アメリカ国内旅行をもっとしっかりするべきだな、なんて思ったり。それを言うなら日本ももっと見たい。あやちゃん、今度会いましょ。電話だけじゃものたりないもんね!
  1. 2012/09/23(日) 06:41:09 |
  2. URL |
  3. ユキ #-
  4. [ 編集 ]
ねえ、ほんとにすごい所に行ってきたんだねえ。そして、すごく良い時間を過ごしてきたんだねえ。
このシリーズ、すごく見応えがあって、読み応えがあって、更新すごく楽しみにしてたよ。
写真、何度も見に来てしまうと思う。いつか行ってみたいな。
さて、そろそろお誕生日だね♪
  1. 2012/09/20(木) 10:05:34 |
  2. URL |
  3. あやこ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://everydayphoto.blog60.fc2.com/tb.php/738-d47ca12e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。