3/31/2011 「みんなの祈り、想い」 2011年03月31日 その他 トラックバック:0コメント:6

033111.jpg

恐ろしい震災のニュースはこれまでの人生の中で何度も耳にしてきましたが、まさか自分が育った地元の街を襲うとは思いもしなかったというのが、自分勝手で率直な本音です。まさか、こんなことになるとは。あまりの酷さに胸が引き裂かれ、ここまで心の奥深い場所で傷ついた経験はありませんでした。

だからこそ、募金するだけで済ませたくなかった。外国で暮らす日本人として、仙台出身者として、そして一人の母親として何が出来るか、何がしたいか、と考えました。思いついたのはアメリカの子ども達から仙台の子ども達へ応援のメッセージを届けること(とりあえず、私が通った小学校など3校に送ります)。世界中の人々が日本を応援しているということを、子ども達に実感してもらいたいと思ったのです。

すぐにチビ君の通う小学校へこの話をもちかけると、校長先生も賛同してくれました。よほど今回の地震と津波のショックが大きかったのでしょう、口コミで他校にも私がこのプロジェクト開始したことが伝わり、そして新聞記事としてネットに載ってからは、他の州からも問い合わせが来る様になりました。

今の所、集まったのは700通ほど。元気の出る絵や励ましの手紙など、アメリカの幼稚園生から高校生までが書いてくれたものです。英語から日本語に訳す作業も、殆ど終わらせることが出来ました。集まったメッセージの数々を撮ったものが、今日の写真です。

このプロジェクトを企画して、実際に子どもならではの真っすぐでポジティブなメッセージを日々読んでいるうちに、私も元気になってきました。チビ君も「仙台」という馴染みのある地名が連日ニュースで報道されて不安な気持ちになっていましたが、集まった手紙や絵の全てに目を通すことによって、「人を想う」ということについて考える貴重な経験になったと思います(たぶん)。

アメリカの子ども達の中にも、心配して日本についての質問で溢れている子が少なからずいました。遠い日本で起きた災害を、より身近なものとして捉えるいい機会になったはずです。こういう経験を通して、子ども達が世界に目を向けるチャンスになればいいなと思います。だって、本当に、これからの未来は彼らのものだから。私が日本以外の国や英語に興味を持ち始めたのは小学校の高学年だったのを思い出します。

子ども達が書いてくれたメッセージの中で一番多かった言葉が「希望・HOPE」でした。そうだね、元気出さなきゃね、って何度思ったことでしょう。ありがとう、この企画に参加してくれた子ども達。君たちはすでに一人の仙台人を助けてくれたよ。引き続き、頑張ろう、日本!

...
Letters of Hope to be sent to Japan, from kids to kids, positive thoughts are always good.

コメント

Re: 裕美ちゃん
ごめん、コメント書いてくれてたの、今まで気付かなかった。そうか、帰国したんだね。たくさん話したい事があるよ。仙台に着いたら父の携帯を借りるので、すぐに連絡するね。体に気をつけて、活動続けて下さい。私も力になりたい。
  1. 2011/06/20(月) 06:52:25 |
  2. URL |
  3. Yuki #-
  4. [ 編集 ]
仙台です
yukiちゃん、裕美は4月末日本に帰国しました。ボランティア活動に参加しています。私が昔家族、親戚、友人と遊んだ海岸付近は戦場のようです。。私にはショックな光景だけど地元の人はだいぶ片ずいた、と言っていました。皆さん大変な事も多い中、頑張っています。自己満足かもしれないけど、帰国、参加してよかったな、正しい選択だったと思います。活動について書き出すと止まらないのでこの辺で。。一応ご報告まで。。
  1. 2011/05/18(水) 22:39:36 |
  2. URL |
  3. 裕美 #-
  4. [ 編集 ]
Re: ちひろ
700枚よりももっと届いたよ。まぁ、これは送れないだろう、っていうのもあるから、省くのもあるけどね。ハワイとかからも、心の暖まるものがいっぱい届きました。今週中に、送ろうと思っています。思いっきり被害が酷かった地域にはまだ送れないけれど、比較的ラッキーだった仙台市内の小学校(私の地元校など)に届けます。
  1. 2011/04/04(月) 15:44:52 |
  2. URL |
  3. ユキ #-
  4. [ 編集 ]
Re: 裕美ちゃん
コメントありがとう!
まだNZに居たんだね。これまた地震つながりというか、なんというか...。ご家族は皆大丈夫だった?本当に心配したよ。今年の夏、仙台に帰る予定なので、いろいろ見てこようと思います。外国に住む日本人が出来ることは、いかに遠い日本という国で起きた災害をもっとパーソナルな話として他国の人に伝えて行くことだと思うよ。募金活動、続けて下さい。私もいろいろやっています。いつかまた近いうちに会えるといいね。日本には帰る予定ある?
  1. 2011/04/04(月) 15:43:02 |
  2. URL |
  3. ユキ #-
  4. [ 編集 ]
すごくない、これ。700枚も来たんだ。予想外?
アメリカ人、素敵すぎる。

心温まる。 訳もお疲れさま。 ちびっ子達ににんまりしてもらいたいよ
  1. 2011/04/04(月) 09:11:29 |
  2. URL |
  3. ちひろ #-
  4. [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/04/03(日) 18:11:48 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://everydayphoto.blog60.fc2.com/tb.php/681-2f0c0aed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)