スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/22/2011「チビ君7歳に」 2011年09月22日 チビ君 トラックバック:0コメント:2

092111_2.jpg

今日はチビ君の7歳の誕生日です。そのお祝いに昨日の放課後、学校のお友達を集めてバースデーパーティを開きました。毎週水曜日(学校が早く終わる日)に、飽きずにいつまでも一緒に公園で遊んでいるメンバーです。去年も全く同じ事をしましたが、「どうせ集まるんだったら軽食とお菓子と飲み物とケーキを用意して、いつもの平凡なお遊びをバージョンアップして楽しんじゃおう!と」いう魂胆です。

結果は大成功。みんな本当にリラックスして、笑って、食べて、遊んで、楽しく過ごしてくれました。去年は「鉄道」がテーマだったけれど、今年はやはり「宇宙」。おかげでプレゼントはロケットのレゴとか、宇宙飛行士のフィギアとか月面着陸の3Dの本とか、実験キットとか、そういったサイエンス系が主流でした。

アメリカでは、パーティを開いた主催者側が来てくれたお友達にお返しとして「Goody Bag」をあげるのが主流です。大抵は小さな玩具やお菓子なんかが入っています。今年私はそれをもうちょっと工夫して、公園内での宝探しを企画しました。まず、どこに何があるかのヒントが書いてある紙をみんなに渡します。7歳のお祝いなので7つの、宇宙に関するような「宝」を見つけられる様にしました(エイリアンとか星が入ったスーパーボールとか)。それがなかなか好評で、ママさん達も一緒になって参加してくれました。

子ども達もママさん達も、みんな気心が知れたグループの集まりなので、気はとても楽です。チビ君も私も、本当に友達には恵まれていて、それが一番の幸せです。地元の人々がが大好きなこの公園は学校のすぐ側にあり、いい天気で木陰もたっぷりあって、いつも優しい風が吹いています。キャンプ用の椅子をそれぞれ持ち込んで、ダラダラしつつお喋りしつつ、とても素敵な時間でした。

朝から準備で忙しかったから(ミートボールを作ったり、おいなりさんを作ったり、野菜スティックを作ったり、スナック類を買って来たり、ケーキを取りに行ったり、氷を用意したり、テーブルを運んだり...エンドレスでございました)おかげで随分くたびれたけれど、寝る前に飲んだビールが美味しかった!また一ついい思い出が増えて良かったと思います。

092111jpg.jpg

最後はみんなで記念撮影。また来年も似たようなメンバーで誕生日を祝えたらいいなぁと思います。今日は私とダンナとチビ君と猫だけで祝い、週末にはジジババ&親戚&いとこ達を招いてのパーティが企画されています。忙しいなぁ。私の誕生日ももうすぐだけれど、なんといっても我が家の9月の主役はチビ君なのでした。おめでとう、チビ君。これで私もママ歴7年です。本当に素敵な7年間をありがとう!

...
Happy Birthday to our boy, thank you for the seven years of family bliss, it's time to celebrate.
スポンサーサイト

9/1/2011「新2年生、誕生」 2011年09月17日 チビ君 トラックバック:0コメント:0

090111.jpg

飛行機が無事に着陸し、サンフランシスコ空港に迎えに来てくれたダディーに飛びついてハグをして、猫のクスクスに挨拶をして、近くに住む家族親戚に「帰って来たよ」の報告を済ませた頃に待っていたのは、強度な時差ボケでした。朝の4時半に眠り、翌日の昼過ぎに起きるというような日々が(冗談抜きで)続きました。

それをなんとか乗り越えて、日本から帰って来た1週間後にチビ君の学校が始まりました。新しい2年生の誕生です。仲良しのお友達とも同じクラスになれて(日本に手紙を3回も書いてくれた「ガールフレンド」とは離れちゃいましたが)担任の先生もかわいく元気そうな若い女性で、チビ君は大喜び。

日本の学校のようなランドセルや名札はないけれど、バァバが買ってくれた新しいバックパックを背負い、髪もかっこ良くセットして、毎日元気に学校へ通っています。いつも冠っていた鉄道少年っぽい帽子は、「楽天イーグルス」の帽子に変わりました。写真は始業式の日に庭で撮ったもの。ふふふ、なかなか嬉しそうです。

私の方はというと、9月に入って、なんだかいろいろとバタバタしています。あぁ、家事も大変、人と関わり合うのって大変、仕事も大変、何かといろいろ大変、宿題を見てあげるのも、これまた大変。ってな感じですが、でもまぁ、忙しくあるというのは、悪い事ではありませんね。

よほど日本で刺激を受けたのでしょう、チビ君は最近日本語を喋りたくってたまらない様子です。今までにない兆候。私はそれが嬉しくてしょうがありません。

そんなチビ君は、もうすぐ7歳になります。たくさんの物事が、彼の頭の中や胸の中をグルグルと回っている事でしょう。自分なりのペースで、しっかり自己主張もして、周囲に笑顔を振りまきながら生きてきた7年間。これからも元気で頑張るんだぞ!と声をかけずにはいられません。

8/23/2011「さよなら日本」 2011年09月17日 チビ君 トラックバック:0コメント:2

082311_2.jpg

楽しかった日本滞在の最終日は、8月23日。正確には24日に日付が変わった時刻でのフライトで、カリフォルニアまで帰ってきました。この日は早くにチェックインを済ませて、空港内で大学時代の友人とラーメンを食べたりお喋りしたりしました。新しくなった羽田空港の国際ターミナルは、3階が屋外ラウンジのようになっていて、飛行機を見ながらベンチに座ってボンヤリすることが出来ました。日本的な空間あり、宇宙的な空間あり、充実したお土産屋さんありで、「羽田、なかなか便利」という結論に至りました。

夜遅かったからどうなる事やらと思いましたが、文句もいわず、睡魔にも襲われず、チビ君は夜の飛行場に興味を示し、ゲームコーナーをも丹念にチェックし、とにかくはしゃぎ回っていました。(そんなもんだから離陸と同時に眠ってしまいました。)

今回の帰国では、本当にたくさんの人々にお世話になりました。素敵な出会いもありました。思いがけず昔懐かしい人々に再会したりもできました。長い間会っていなかった親戚はもちろん、高校時代の友人や、小学校時代の初恋の相手まで(笑)。本当に盛りだくさんな日々でした。

家族全員が健康でいてくれて、子ども達が元気すぎるくらい元気でいてくれて、それが何より嬉しかったです。東北の震災の爪痕はひどく、政治もひどく、これからの日本はどうなるんだろうと思ってしまうけれど、日常生活のレベルでは、皆さん強くしっかりしていて、そこに逆に安心させられました。

もっと書きたい事があったのに、日が経ちすぎてしまった様に思います。新鮮な思いを書き残すには、すぐにペン(キーボード)をとらなくちゃいけませんね。でも、今回日本で感じた想いは私の中で常にアップデートされながら保存されています。

ほんの少し前まで楽しい夏休みで、その間ずっと日本に居たっていうのが信じられないくらい、空気も色も違うカリフォルニアでの生活が既に始まっていますが、「2011年の日本」で会った人、話した事、聞いた事、見た事、考えた事、あえて考えなかった事、行った場所、笑った内容なんかを、これからも大事にしようと思います。みんなありがとう。



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。