スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/31/2010「大晦日」 2010年12月31日 風景 トラックバック:0コメント:2

123110.jpg

いよいよ、今年も最後の日となりました。曇り空の大晦日。だけどクリスマスツリーやオーナメント、それに数々のデコレーション類を片付けた時点で気力は続かず、大掃除なんぞをする心構えはどこかへ消えてしまいました。

夕方からは友人達が集まり、食事を一緒にし、ダラダラと話しつつ、ワインなども頂きつつ、おそらくチビ君を交えてゲームをしながら年を越す予定です。かなりゆる~い感じです。年越しそばさえもないんだから。

あぁ、2010年。毎年繰り返して言うけれど、早かったなぁ。でも今年は、過去10年間を振り返る良い機会ですね。私は2000年の終わりには、とある関係に終止符を打つためブラジル旅行に出かけており、その帰りに空港まで迎えに来てくれた人が今のダンナであるわけなのですが、それから10年の間に大学を卒業したり、引っ越したり、仕事したり、結婚したり、出産したり、育児に追われたり、レイオフされたり、主婦&母業の名の下にボケーッと過ごしたりしてきたわけです。こんなんでいいのか?と常に疑問を抱きながら。

様々な出来事、見た事のなかった風景、いろいろありました。素敵な出会いもあったけど、去っていってしまった人もいた。良い事も悪い事もあったし、命の終わりがあれば始まりもありました。成功が何を意味するのか良く分からないまま、いろいろ失敗しちゃった気もします。でも、まぁいいか、って妙に開き直ったりして。

最近は「今、この瞬間」は本当に過去の積み重ねなんだよなぁ、と実感します。長い歴史を経た命の繋がりでもあるし、いろんな選択の結果でもある。全てが運だったのかもしれないし、そんなことはどうでもいいのかもしれない。これからの世界はどうなっていくんだろう。2011年なんて、ほんの少し前までは想像もつかなかった世界ですもんね。分からなくて当然だけど、それなりに楽しみです。

新年の抱負、自分への課題、たくさんあります。まずは健康に留意して、チビ君をしっかりサポートして、ダンナさんにも頑張ってもらって。今年お世話になった方々、どうもありがとうございました。来年、そしてこれからの10年も、どうぞよろしくお願い致します。あまり音信がなくても、私はいつも皆をとても大切に想っています。生きていてくれるだけで、ありがとう。I LOVE YOU ALL.

写真は気持ちの良いある朝、太平洋を眺めながら撮った一枚。

...
The last day of 2010, thinking back the last decade, a big Thank You to all my friends and family.
スポンサーサイト

12/26/2010「海辺の散歩」 2010年12月28日 チビ君 トラックバック:0コメント:0

122610.jpg

クリスマスの朝は我が家でプレゼントを交換し、卵とベーグル&スモークサーモンの朝食を食べ、ゆっくりと過ごせてなかなか素敵でしたが、午後からは友人の招待で、サンフランシスコの北の方にあるスティンソン ビーチという海辺の町まで行ってきました。友人の友人が別荘を持っていて、「使っていいよ」となったらしく、早速大人10人+チビ君+犬3匹が集まった次第です。

クリスマスだというのに、嵐で大荒れ。海辺に行くのに、グネグネした山道を走り、絶景のはずなのに車の窓からは水滴と霧以外は全く何も見えないという、かなりワイルドな天気でした。それでも久しぶりに会うお友達と一泊で過ごす時間は楽しいものです。パスタにサラダにデザートっていう、クリスマスの雰囲気を見事に無視した簡単な夕食を作り、ワインとボードゲームとお喋りで笑い、ワンちゃん達に癒され、チビ君もギターを持って来たおじさんとたっぷり歌って遊んでもらって、終始ご機嫌でした。

そして翌日。チビ君は6時半から外に出たくてウズウズしていたので、早朝の散歩に出かけました。雨は上がっています。ビーチまで歩いて2分、本当に目の前です。最初はチビ君と二人で出かけたのだけれど、あとからパパが追いついてきました。朝日の中を、手を繋いで歩く父子。波の音、優しい空の色、長く伸びる二人の影。このまま光の中に消えていってしまうんじゃないかと思うくらい、美しい光景でした。

今年も終わりですね。そして、あれほど「未来」だと思っていた2000年から10年も経ってしまったっていう事実。信じられないなぁ。海を見ていたら、過去のいろんな思い出が頭をよぎっていきました。太平洋の向こう側に住む家族や友人の事を想いました。これからどんな時間が流れていくんだろう。どんな時間を自分で作り出していけるだろう。そんなことをずっと考えていました。元気で、笑顔でいられたら。

...
morning walk on Stinson Beach, sun rises slowly, to wrap a father and a son with its warmth.

12/25/2010 「サンタさんの日」 2010年12月28日 チビ君 トラックバック:0コメント:0

122510.jpg

12月に入ってからというもの、チビ君はカレンダーを見つめて「サンタが来る日」まであと何日なのかを毎日確認し、サンタさんへの手紙&希望するプレゼントの品物リストなんかを、それこそ暇さえあれば書いては満足そうにしていました。

そして、待ちに待ったクリスマスイブの夜。チビ君のドキドキ度は最高潮。サンタさんのために焼いたばかりのチョコチップクッキーと、牛乳の入ったグラスをテーブルに置いた後は、気持ちが高ぶりすぎたのか、ベッドに入ってすぐに寝てしまいました。トナカイの鈴の音を聞きたい、なんて言ってたんですけどね。

ここから私とダンナは大忙し。今までお互いのために買ったギフト類は車のトランクなんかに隠していたので、それを運んでこなくてはいけません。まだ包んでいなかった残りのプレゼントを、「見ちゃダメ」と言いつつ別々の部屋でラッピングしたり、朝食のテーブルをセットしたり、チビ君が起きてこないか確かめたりと、クリスマス当日の舞台裏は、なかなか大変です。

そして「サンタがちゃんと来た!」の声とともに、7時に起こされた私たち。サンタさんはちゃんとクッキーを食べて、その横には素敵なフォントで書いてある、サンタさんからのお手紙が置いてありました。それを読んでにっこりするチビ君。要約すると、今年もとても良い子だったね、その調子で頑張れって書いてあったそうです。

日頃から寝起きだけはすこぶる良いチビ君ですが、クリスマスの朝はさらに特別。大きなツリーの下に並べられた数々のギフトの前に座ってこの笑顔。欲しかったものは(ほとんど)全部貰えちゃったようです。良かったね。私もいろいろと頂いちゃいました。ありがとう、サンタさん。

そしてダンナが(一応)チビ君用に買って来た、スーパーマリオ ブラザーズ25周年記念セットのあまりの懐かしさに、私が感動でウルウル状態。あの音楽、たまりませんね。久しぶりにやってみたら、ちゃんと指がいろんな技を覚えていて笑っちゃいました。皆様も、素敵なクリスマスを過ごされたことを願っています。

...
Santa did come to our house, joyful Christmas morning, the Boy's delight is so contagious.

12/5/2010 「クリスマス列車」 2010年12月23日 チビ君 トラックバック:0コメント:2

120510_2.jpg

私たちの住む町には古い鉄道が走っていて、毎年クリスマスの頃になると綺麗にライトアップされた「ホリデー・トレイン」が走ることになっています。鉄道少年のチビ君は、毎年それを見たり追いかけたりするのをとても楽しみにしていますが、今年は特別。やっとチケットを買ってあげれたので、お友達家族と一緒に初めての乗車体験をしてきました。

120510_4.jpg

パン&チーズ、フルーツやポップコーンのみならず、ココアやワインまで車内に持ち込んた私たちは、寒いねぇと言いつつもお喋りしまくり。食べて飲んで楽しい時間を過ごせました。隣の街まで行って帰ってくるだけの電車の旅。でも車内のデコレーションを観察したり(観覧用の車内には大きなクリスマスツリーまで飾ってありました)サンタさんがキャンディーを持って遊びに来てくれたり、子供達が大興奮している様子を見ているだけで、心はホンワカしてきます。

120510_1.jpg

天気は生憎の大雨。でも、そのおかげで窓の水滴に光が反射して普段以上ににキラキラしていました。古い鉄道だけに途中で何かハプニングがあったのか、25分くらい停車してしまいましたが、その間も対向車に笑顔で手を振ったり、クッキーを食べたり、車内観察を続行したり、歌を歌ったり、のんびりムード全開でした。いいですね、こういうの。

120510_3.jpg

最後は車掌さんと記念撮影をして、電車が去っていくまで見送り、胸一杯になって帰路に着きました。「来年からはロケット好きになる!」と宣言しているチビ君。「本当かよ」と半信半疑な私たちですが、もし本当に鉄道少年の情熱が半減しちゃったら困るので、ギリギリで今年最後のいい思い出作りになったと思います。みなさんも素敵なクリスマスシーズンを!

...
Finally aboard a Christmas Train, beautiful lights, people's hearts filled with holiday joy.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。