スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/23/2010 「運動会」 2010年10月25日 チビ君 トラックバック:0コメント:2

102310.jpg

すっかり秋ですね。先週の土曜日、チビ君の通っている日本語学校で運動会が催されました。「秋の気持ち良い青空の下で楽しくみんなでお弁当♪」的なものではなく、校庭が無いので体育館(みたいな建物)で行われた手作り感いっぱいの運動会でした。

赤、白、青組に分けられ、幼稚園生から高校生達までが一緒になってきちんと入場行進し、ラジオ体操で体を温めた後はちゃんと選手宣誓をするところまで形の揃った立派な行事。懐かしい競技が盛りだくさんでした。玉入れ、大玉転がし、障害物競走、借り物競走、二人三脚、ドーナツ食い競争、リレー、そして綱引きまでもがあり、大興奮!私もしっかりお手伝いしました。

玉入れでは私は籠を持つ係だったのですが、玉をもった背の高いハーフの高校生が「これ、ダンクしていいんすか?」と聞いてきたのが可笑しかった。いいんじゃないの?と適当に答えておきました。パン食い競走はドーナツ競争に変身。さすがアメリカ。ちゃんと「Krispy Kreme(お店の名前)のドーナツだけにして下さい」との指示まで出たそうです。ま、確かに美味しいけど、笑っちゃいますね。

思えば運動会なんて、中学校以来の私。こんなふうに頑張って動き回る子供達を見てると、うぅぅ、昔の思い出がバーン!と戻ってきます。例えばリレーのアンカーを務めた、秀才なのに足がすっげー速かった日吉君(名を出すな、名を)のこと。彼が最後に3組のヤツを追い抜いて優勝したんだっけなぁ...とか、仮装行列では水泳部の男の子に女子用の水着を無理矢理着させて校庭を歩かせたことなど(競泳の岩崎恭子ちゃんが金メダルを取った年だったんです)いろいろありましたっけ。

チビ君には、こういう日本でのお決まりの行事から、お友達との思い出を通して日本のことをもっともっと覚えていって欲しいなぁと思います。企画運営をして下さっている先生方、親御さん達、お疲れさまでした!私もダンナもとっても楽しかったです。

...
"Undokai" festival, kids' tag-of-war, Japanese tradition is well alive in California.
スポンサーサイト

10/17/2010「カボチャの季節」 2010年10月18日 チビ君 トラックバック:0コメント:8

101010.jpg

10月も中旬を過ぎると、アメリカではそこら中でカボチャを飾っている家を見かけます。ハロウィンを間近に控え、実りの秋を祝うこの季節は、私の一番好きな時期です。日本や東海岸の見事な紅葉には全く及びませんが、葉っぱの色もようやく黄や赤の暖色に変化し、朝晩の空気もシャキッとしてきました。いい感じです。こんな調子であっという間に年末がやってきますね。

近所のスーパーマッケットにも、オレンジ色のパンプキンがズラリと並べられています。簡単に手に入るけど、でもやっぱり楽しいのは、実際にカボチャ畑に足を運ぶ事。トウモロコシ畑があったり、ピラミッド型に積み上げられた干し草の上に登ったりしながら、子供たちは大騒ぎです。カボチャは、大きければ大きいほど値段も上がっていきますが、写真を撮るのは無料。そんなわけで「秋の写真」の定番の一枚になりました。

今年のチビ君のハロウィン仮装の予定。それはテレビ番組「Mythbusters」のジェイミーになること。チビ君、この番組が大好きなんですねぇ。実在する人物(しかも変わり者ばかり)に興味を持ってしまうようです。ジェイミーは禿げ頭に黒いベレー帽、縁なし眼鏡にセイウチのような口ひげ、白のシャツに赤いコンバースっていうのが定番の人です。6歳児が真似たい!と思うような人物じゃないことだけは確か。チビ君はちょっと特別ですね。どんな人間に成長するのやら。

...
Autumn is definitely in the air, Pumpkin Farm, the goofy six-year-old poses for the shot.

10/14/2010 「再びヨセミテへ」 2010年10月18日 チビ君 トラックバック:0コメント:0

101610_1x.jpg

ダンナが休みをもらって来て、チビ君の日本語学校(土曜日のみ)も休みだったので、木曜日から3日間、急遽私たちの大好きな場所に行ってきました。「学校は1日半休ませちゃうけど、ま、いいよね。机の上だけが勉強じゃないもん」などといろいろ言い訳をしながら。しかし、そんな心配をもろともせず、ヨセミテ国立公園は青い空と気持ちのよい空気で私たちを快く迎えてくれ、つまらない物事で一杯になっていた頭の中もすっかりリフレッシュ出来ました。

前回ヨセミテを訪れたのは2年前。私の30歳の誕生日に、ダンナと二人で11時間かけてハーフドームの頂上まで登って降りて来たんでした。私のささやかな人生に於いて、「ほんっっとに大変だったけどやって良かったもの」の一つです。(ちなみに、チビ君出産はそのリストの中のダントツ一位。)

101510_2x.jpg

今回はチビ君も連れてきたので(彼にとっては3度目の来訪)、あまり激しいハイキングなどはせず、散歩程度に歩いたり、滝の麓まで行ったり、ピクニックをしたり、落ち葉を拾ったり、リスを観察したり、川に石を投げて遊んだりしただけに留まりましたが、大自然の中で家族で過ごす時間はやはりとても有意義で、最高でした。あ、チビ君の2本目の歯が取れたのもヨセミテででした。次回はみんなでサイクリングをしたいなぁ。早く補助輪取れる様になっておくれよ、チビ君。

そして、旅の最後には、チビ君におまけのプレゼントがありました。公園の反対側の出口をどんどん下ったところに、ヨセミテ・シュガーパイン鉄道があるので、それにも乗ってきたんです。ずっと内緒にしていたので、汽笛の音が聞こえてきた時のチビ君の笑顔といったら!ふふふ。昔ながらの蒸気機関車に乗って、山の中を1時間ほど走りました。鉄道少年に、また一つ新しい思い出が増えました。良かったね、チビ君。

101610_2.jpg

写真はヨセミテ渓谷をマルセド川から眺める私とチビ君。そしてハーフドームをバックに撮った一枚と、噂の蒸気機関車。全てダンナさん撮影。

...
Yosemite trip, quality time by Merced River, El Capitan and Half Dome, all good stuff that we love.

9/22/2010 「お誕生日おめでとう」 2010年10月01日 チビ君 トラックバック:0コメント:2

092210.jpg

9月はイベントが盛りだくさんで、いろいろとバタバタしていましたが、ハイライトは、なんと言っても「チビ君、6歳の誕生日おめでとう!」のお祝いでした。22日、誕生日当日は学校が早く終わる日だったので、放課後に仲良しのお友達を近所の公園に集めてパーティを開きました。軽食と飲み物とカップケーキを用意して、子供達はそのまま遊び、ママさん達はいつも通りお喋りをするというだけの簡単な即席パーティ。でも肩に力が入らず、天気も良く、みんなリラックスしてとってもいい感じの集まりになりました。

パーティの最中にチビ君のお友達の写真を撮る事ばかりに夢中になっていたら、バースデー・ボーイ本人のいい写真があまり撮れず、ちょっと反省。でも、みんなに誕生日の歌を歌ってもらって、プレゼントをもらって、ケーキもフルーツも人一倍食べたら、とても満足したみたいです。ものすごく嬉しそうだったもんなぁ。良かったね、鉄道少年。いい友達に恵まれるっていうのが人生に於いての一番のプレゼントなんだよ。

9月からは学校もスタートして、チビ君、とうとう晴れて1年生になりました。新しいことだらけの一ヶ月でしたが、無事にあっという間に過ぎて行き、気がつけば私もまた一つ年をとっていました。(三十路後の自分の誕生日の、なんと味気ないこと!)そんなこんなで、10月もこの調子で楽しく行く予定です。次はハロウィンだ!

...
Happy 6th Birthday, friends gather to celebrate, cup cakes look so yummy.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。