スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/9/2010「祈り」 2010年09月09日 その他 トラックバック:0コメント:2

090910.jpg

数週間前、私の大学時代の友人が卵巣癌に冒されている事が分かりました。あまり詳しい病状は分からないものの、発見時には既に第3期に突入してしまっていたらしく、今は毎日、化学療法を受けながらガン細胞と戦っているところです。

彼女は私の一つ年上で、在学中に高校時代から一緒だったボーイフレンドとあっという間に結婚し、大学で一緒に学んだものとは全く違う分野に進んでバリバリに働いていました。写真について語りながらランチを食べ、冗談を言い合って一緒によく笑った友人です。卒業後はあまり会う機会も少なくなっちゃったけれど、細い糸でもちゃんと繋がっていました。

そんな彼女から知らされたこの厳しいニュースは、私の胸に深く突き刺さりました。頭を剃った彼女は、一日6時間ものキモセラピー(化学療法)をこなし、それから血液の白血球に関する治療を続けるサイクルを繰り返しているそうです。副作用も激しく、吐き気やしびれでそうとう大変みたい。人に会うのすら辛い時期かもしれない。でも彼女が必死に戦いを繰り広げている感じが伝わってきます。頑張って。あぁ、こうして書いているだけでも胸が苦しくなってきちゃう。

私に出来る事は本当に限られています。毎日彼女の事を想うこと。自分で辛いなぁと思っていた日課(私にとってはランニング)を、彼女の闘病生活に捧げながらちゃんとやり遂げる事。毎週励ましのカードを送る事。助けが必要な時にはすぐに飛んで行ってあげられる事。私の気持ちが、願いが、少しでもガン細胞をやっつける手助けになるのを祈っています。折り鶴には効果があるのかな。

本当にたくさんの境遇の元で人間は日々暮らしていますよね。様々な悲しみや苦しみや理不尽な暴力もあるけれど、その逆に、きっとそれ以上に嬉しさや愛しさや優しさをも存在しているわけで。人生、本当にいつ何が起こるか分からない。だからこそ、自分の近くにいる人々が気持ち良く生きられる様にしたいです。そのために、家族や友人や地域の人々にできる事は何だろう? 少し考えれば分かる自分なりの答えを、私も常に胸の中に刻みつけておこうと思います。ちゃんと行動に移せる様に、時には自分を叱咤しながら。

...
an origami crane holds my wish for steady recovery of a friend, who battles cancer today.
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。