スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/30/2008 2008年10月30日 その他 トラックバック:0コメント:0

103008.jpg

去年の今頃に撮った写真を掘り出してきました。眠れない夜には、こうしてとりあえず写真をいじくっていると、少しづつ気持が落ち着いてきます。

この写真は、右の方にひょろんと立っている椰子の木に惹かれて撮ったものです。不思議と、写真を撮った時の心境というのは長く心に残っていたりするんですよね。仲良しの友人とビーチを散策中、夕暮れの光がキレイだったのと、お喋りがとっても楽しかったのを覚えています。

ふと今、海が見たくなってきました。ウェットスーツを着込んだサーファーが数人しかいないような、冷たい風が吹く秋の海。近いうちに行ってみようかな。何か面白い発見があるかもしれません。

...
skinny palm tree, smell of the ocean, memories of last november.
スポンサーサイト

10/29/2008 2008年10月29日 その他 トラックバック:0コメント:0

102908-72.jpg

10月の下旬は、私の一番好きな季節です。雨期が始まる前の優しいやわらかい光と、夏の名残を感じさせる、すこし暑いくらいの気温。曇っていても晴れていても長袖シャツ一枚で出歩ける日々が、とても落ち着くんですよね。

今日の一枚は、また散歩中に撮ったもの。蜘蛛の巣に赤い葉っぱが絡み付いていました。その後ろには緑の葉っぱが反射された光。秋ならではの光景ですね。

チビ君と散歩するといろいろな発見があります。子供の目線で見ないと気づかないアレコレがあります。この赤い葉っぱも、私の膝くらいの位置にあったのですが、「マミー、リーフ、スパイダー ウェブ」と、チビ君が箇条書きのように教えてくれたんですよ。

...
red tired leaf. spider web. a bit of solitude.

10/28/2008 2008年10月29日 その他 トラックバック:0コメント:0

102808-72.jpg

先週の金曜日、時間が出来たのでまだ日が沈む前に久しぶりにチビ君と散歩に出かけました。近所の湖がある公園へ。水がシーンとしていて、空気もきれいで、秋そのものといった感じでした。

そこで見たのは一羽の水鳥。その鳥はたったひとりぼっちで、水面に線を書く様に進んでいました。なんだかずっと見ていたい様な光景でした。

人生とは予期せぬ出来事の集合体。ラクな事ばかりではないけれど、ちゃんと気持を前に保ちつつ、新しい発見をしていければいいなと思います。カメラをもっと頻繁に持ち歩くのがいいかもしれない。いろいろプロジェクトを開始出来ればと思います。

...
still water. one bird. autumn air.

10/22/2008 2008年10月23日 動物 トラックバック:0コメント:0

102308.jpg

秋は少しもの哀しい季節です。我が家の猫ちゃんも、なんとなく外の冷たい空気を体に感じているのか、哀愁が漂っています。年がら年中ボケーっとして、食べて寝てばかりの暮らしぶりですが、そんなグータラ猫には、秋の夜の雰囲気が一番ピッタリなんではないでしょうか。

というわけで、今日の一枚は、「秋の夜の ちょっぴりおセンチ アンチョビ君」(字余り)と思わず俳句を詠んでしまいたくなる、愛すべきデブ猫の写真です。早いもので、もう7年も一緒に生活をしています。私はすっかり猫大好き人間になってしまいました。

日々、いろんな出会いがありますが、ちょっと気に入った人(男性なら得に)が猫好きだと、すごく嬉しくなります。ポイントアップですよね。(などど既婚者が採点してみてもどうしょうもないのですが。)猫を撫でながら本を読み、それに飽きたら散歩して、夕食前にギターを弾いて暇つぶしというような週末を静かに過ごせる人、かなり好みのタイプです。

10/21/2008 2008年10月22日 人々 トラックバック:0コメント:0

092008.jpg

10月も中旬に突入し、近所ではハロウィンの飾り付けがよく目につきます。我が家の玄関先にもオレンジ色のカボチャが置いてあります。家の中も少しデコレーションされて、チビ君は嬉しそう。楽しいイベントの日が、もうすぐやって来ます。

さて、今日の写真は、ハロウィンの怖い部分(お化け屋敷とか骸骨とか蜘蛛とかそういう類いのもの)からインスパイアされた、ちょっと不気味な手の写真。別に気に入っているわけではありませんが、シーズナルかなぁ(?)と思って載せてみました。要するにちょっとネタ切れな状態です、私。

最近は外の空気が冷たくて、体がピリッとする感じがとても気持いいです。朝のランニングの際、自分の吐息が白くなるこの季節。走って汗を流すと寒いことも嫌なことも忘れられる、私の一番好きな時期です。秋はやっぱりいいなぁ。

10/15/2008 2008年10月16日 人々 トラックバック:0コメント:2

101308.jpg

再び「夢」シリーズからの一枚。週末にいろいろとインスピレーションを貰ったので(前回の日記参照)また激しく創作欲が戻って参りました。やっぱり、いろんな人に会ったり、お話を聞いたり、感動したり、笑ったりするのは大事です。

最近は寒くなってきたので、「夢」シリーズ特有の、夜中のヌード写真はちょっとツライです。モデルになってくれる人もいなくなるだろうし、撮ってる私も寒いし。これからはどんな形でこのシリーズを撮ろうかと模索中です。「ハッピーな青い空の下でお花の写真♡」的な夢はまず見ないので、これからもダークな部分を追求していきたいと思います。

近頃、切に思うのは、「知らなかった事を知っていくのって、なんて楽しいんだろう」ということ。世の中で「自分が知らないということを知っている」人って(もしくはそれをちゃんと認めている人)って案外少ないと思うんですよね。自分の「ちっぽけぶり」をちゃんと把握した上での純粋な向上心は、とてもエキサイティングです。

10/12/2008 2008年10月13日 人々 トラックバック:0コメント:6

101108.jpg

今日の写真を見て、あれ?と思った方もいるかもしれませんね。そう、私はかなりの村上春樹ファンです。ただ「彼の本が好き」というよりも、「日常生活の中で彼の書く文章を必要としている」と言った方が的確かもしれないくらい、彼の作品は私という人間の生活サイクルの一部になっています。

さて、そんな春樹氏が、昨日、バークレー大学にやってきました。日本ではまずやらないであろう講演会というものです。席も前から3列目で、ほんのすぐ目の前に、心の師匠とでも言うべき彼の姿を目にした時は、感慨深いものがありました。でもなぜか、春樹氏がそこに居るということがあまりにも非現実的だったからなのか、笑いが込み上げて来て仕方がありませんでした。一緒に行った友人は、私でも敵わない年季の入った春樹マニア(愛読歴すでに23年!)なので、彼女にしか伝わらない感覚を共有し合えて、ものすごく楽しかったです。

一部の朗読を除いて、全てのプログラムが英語で行われたのですが、「人前に立つときは完璧でない英語を使っている方が日本語で話すより恥ずかしくない」という等身大の春樹さんをそのまま見せられた感じです。一見すると「ただの日本のオヤジ(そしてちょっとスケベそう)」ですが、この人の内側にものすごい創作パワーと、ダークな部分が混在しているんだなぁと思うと、その奥深さに圧倒されてしまいます。

春樹氏の「書くということが本当に好き」という想いが、随所に感じられる講演(対談)&インタビューでした。彼は毎朝、「書く」作業のために、自身の中に存在する、深く暗い場所(下手すると帰ってこれなくなる場所)へ降りていくそうです。そこから戻ってくるには体力がいる。根気がいる。健全な体がいる。それ故に毎朝彼は太陽の下で走り続ける。この話は以前どこかで読んだことがあるけれど、実際に彼の声で語られると、やはり迫力がありました。すごく納得してしまうというか。「無から何かを創り上げる」ことの難しさ、そしてそれを世界中で認められるレベルで持続していくのは、やはり並大抵の技ではありませんからね。

余談ですが、「好きなバンドは誰ですか?」という学生からの素朴な質問に、彼はまず「レディオヘッド」と答えてました。若いなぁ。レディオヘッドは私の大好きなバンドでもあります。春樹ファンであることで知られている、ボーカルのトム ヨークが実は今、ツアーで東京に来ているらしく、面会を希望していたらしいのですが、ハハハ、残念ですね、春樹さんはバークレーで私の心を熱くしてくれました。とても素敵な夜でした。

10/07/2008 2008年10月08日 その他 トラックバック:0コメント:0

100708-72.jpg

10月になって、日がとても短くなりました。仕事から帰ってくる頃は空がずいぶん暗くなっていて、夕飯を食べるとすぐに眠くなってしまいます(そして太っていくのね)。

今日の写真は、そんな日が沈んだ後の外灯を下から見上げて撮ったもの。右側にある赤い木の実が深い空の青と対照的で、オッ!と気になって撮ってみたものの、あんまり上手にはいきませんでした。

7時半を過ぎてもまだまだ明るくて、チビ君が側の路地まで迎えにきてくれた夏の日々が何だか懐かしい気がします。冬が一歩一歩近づいてきているんですよね。冬と言えばこちらは雨期。雨音を聞いて眠りにつくのが大好きな私には嬉しい季節です。

10/03/2008 2008年10月03日 チビ君 トラックバック:0コメント:2

100308.jpg

前回の日記を読んで誕生日のメッセージをくれた方々、どうもありがとうございました。素敵な一日でした。今日からまた、いつものフォーマットで続けていこうと思います。

さて、今日の一枚は、お箸の練習をするチビ君の写真。このお箸は「エジソンの練習用お箸」とかいうモノで、日本の母が送ってくれました。親指と人差し指と中指をちゃんと固定させて使うもので、お箸自体は上で繋がっています。これならチビ君も上手に使えます。

パジャマ姿で食べているのはいちごジャムのついたホットケーキ。お箸で食べるものじゃないんだけどね~。まだまだ食べる時と食べない時の差が激しいチビ君。身長も体重も平均値のド真ん中らしいので、あまり心配はしてませんが、日本食をもっと美味しそうに食べてくれると嬉しいんだけどなぁ。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。