スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/31/2011 「みんなの祈り、想い」 2011年03月31日 その他 トラックバック:0コメント:6

033111.jpg

恐ろしい震災のニュースはこれまでの人生の中で何度も耳にしてきましたが、まさか自分が育った地元の街を襲うとは思いもしなかったというのが、自分勝手で率直な本音です。まさか、こんなことになるとは。あまりの酷さに胸が引き裂かれ、ここまで心の奥深い場所で傷ついた経験はありませんでした。

だからこそ、募金するだけで済ませたくなかった。外国で暮らす日本人として、仙台出身者として、そして一人の母親として何が出来るか、何がしたいか、と考えました。思いついたのはアメリカの子ども達から仙台の子ども達へ応援のメッセージを届けること(とりあえず、私が通った小学校など3校に送ります)。世界中の人々が日本を応援しているということを、子ども達に実感してもらいたいと思ったのです。

すぐにチビ君の通う小学校へこの話をもちかけると、校長先生も賛同してくれました。よほど今回の地震と津波のショックが大きかったのでしょう、口コミで他校にも私がこのプロジェクト開始したことが伝わり、そして新聞記事としてネットに載ってからは、他の州からも問い合わせが来る様になりました。

今の所、集まったのは700通ほど。元気の出る絵や励ましの手紙など、アメリカの幼稚園生から高校生までが書いてくれたものです。英語から日本語に訳す作業も、殆ど終わらせることが出来ました。集まったメッセージの数々を撮ったものが、今日の写真です。

このプロジェクトを企画して、実際に子どもならではの真っすぐでポジティブなメッセージを日々読んでいるうちに、私も元気になってきました。チビ君も「仙台」という馴染みのある地名が連日ニュースで報道されて不安な気持ちになっていましたが、集まった手紙や絵の全てに目を通すことによって、「人を想う」ということについて考える貴重な経験になったと思います(たぶん)。

アメリカの子ども達の中にも、心配して日本についての質問で溢れている子が少なからずいました。遠い日本で起きた災害を、より身近なものとして捉えるいい機会になったはずです。こういう経験を通して、子ども達が世界に目を向けるチャンスになればいいなと思います。だって、本当に、これからの未来は彼らのものだから。私が日本以外の国や英語に興味を持ち始めたのは小学校の高学年だったのを思い出します。

子ども達が書いてくれたメッセージの中で一番多かった言葉が「希望・HOPE」でした。そうだね、元気出さなきゃね、って何度思ったことでしょう。ありがとう、この企画に参加してくれた子ども達。君たちはすでに一人の仙台人を助けてくれたよ。引き続き、頑張ろう、日本!

...
Letters of Hope to be sent to Japan, from kids to kids, positive thoughts are always good.
スポンサーサイト

3/16/2011「エール」 2011年03月17日 その他 トラックバック:0コメント:2

031110_taro.jpg

日本の皆様、仙台のみんな、元気にしていますか。被災地や、市内にも、応援物資はもうすぐちゃんと届く様になります。あとちょっと、辛抱して下さい。周りの人々と助け合って、気丈に、なるべく笑顔を作るのを意識して過ごしてね。

寒いだろうけれど、お風呂に入りたいだろうけれど、でも生きてるって素晴らしい。みんな、偉いよ。いざという時に、普通の人が普通に強いっていうこと。普通の人が普通に他人を思いやれるっていうこと。これが一番のエネルギーです。ずっと頑張り続けていてくれて、ありがとう。

上の写真は、チビ君が作った日本の旗。前回の日記の、街頭で日本の旗を振るチビ君の写真は、地元の新聞に掲載されました。日本への祈り、届け!!

こちらの子供達から仙台の子供達に絵や手紙を送るプロジェクトを開始しました。とりあえず、今は絵を集めている段階です。もう少ししたら郵便・交通機関が復旧するでしょう。大人も子供も、世界が応援してるからね。それを実感してもらいたくて。

ちなみに、これ ↓ はインド系アメリカ人の7歳の男の子が書いてくれた絵です。

031611.jpg


そして、5歳の幼稚園生からのメッセージ。「スマイル」いいね!うん、みんな笑顔を大切にしよう。こんな時だからこそ、ちゃんと感謝の気持ちを隣の人に伝えよう。

031611_aidden.jpg


募金活動も続いています。離れていても出来る事はあります。様々な方法でエールを送れます。これからの新しい日本は、私たち、若い世代が作り上げていくもの。それが子供達への約束であり、戦後の日本を立て直してくれた世代への恩返しです。Stay Strong, JAPAN! がんばって!そして、SMILE! 


P.S. 実家にもちゃんと電気が戻り、それ以来、父とは毎日電話しています。心配してくれた方々、どうもありがとうございました。声が聞けた日の夜は、震災のニュースから初めてまとまった眠りにつけました。

...
Pray for Japan continues, from kids to kids, we are all with you. Stay strong, my friends.

1/25/2011「手術の日」 2011年01月29日 その他 トラックバック:0コメント:0

012511.jpg

自転車の事故でダンナが大怪我をしたことは前回のブログに書いた通りですが、すっかり折れて取れてしまった肩甲骨の一部の骨を元に戻す手術が25日に行われました。

結果だけを言えば、「無事に終わって良かったね!」で済むのですが、長かった病院での待ち時間を経験し、全身麻酔や強い痛み止めの副作用、それに痛々しい執刀の痕(24cmくらい)を見てしまうと、手術の成功に安堵するよりも「ほんっとに、ついてなかったねぇ」と嘆かずにはいられません。

お見舞いや激励のメールやメッセージ、どうもありがとうございました。私まで心身共に疲れちゃったけど、家族や友人のサポートの有り難さをしみじみ実感しております。なんとか退院できましたよ。

今(というかこれからずっと)ダンナの左肩の骨は大きなボルト2本で支えてあって、空港などでの金属感知器には必ず引っかかる様になるそうです...。とりあえず、術後2~3週間は自宅で安静にして、少しずつ物を持ったり腕を上げたりするフィジカル・セラピーをこなして行く事になっています。

片腕を自由に動かせないだけで、ずいぶんと行動範囲が狭められ(なんてったって痛いしね)、チビ君を思いっきりハグしてやることもできず、退屈すぎてストレスが溜まっているダンナ殿。開き直って朝から映画ばかり見ています。

写真は手術の待ち時間中に病院の敷地内&大学内を散歩した時に撮ったもの。それにしても改めて感心したのはスタンフォード病院とそれに続く大学キャンパスの広さ、キレイさ、素晴らしさ。さすがに貫禄ありました。学生達にすら「なにしろエリートです!!」って感じが一面に漂っている気がして、私なんかは少し萎縮してしまったのでした。病院内の、ひっきりなしに動いていく人間観察も、かなり面白かったです。

...
Hubby's surgery went well, Stanford hospital's water fountain, a beautiful sunny afternoon.

11/29/2010「寒いです」 2010年11月29日 その他 トラックバック:0コメント:4

112910.jpg

いよいよ北カリフォルニアも本格的に寒くなりました。その証拠に、今朝起きて最初に目に見えたのは一面に降りた霜。私が住む地域は雪は全く降らないので、凍った落ち葉が寒さの印です。それと、猫が私の側から離れない&ベッドの中までしつこく入ってくる夜は、「あ、今晩は格段に寒いんだな」っていうバロメータになっています。

先週はサンクスギビング(感謝祭)のためチビ君の学校は丸々1週間休みでした。11月の第4木曜日に、家族や親戚が集まり、夕食に七面鳥を焼きデザートにパイを頂くのがアメリカの伝統的行事ですが、私だけが何故かいつも招待された親戚の家で体調を崩します。ディナーを食べた直後に猛烈な嘔吐と激しい下痢に襲われるんです。今年で4年連続。おかげで胃の中が空っぽになり、強制デトックス状態。未だに原因不明です。

12月になると、これからは街の中も我が家のデコレーションもクリスマス一色になります。今年ももうすぐ終わりなんて、信じられませんよね。毎年しみじみと「はやいなぁ」と呟いてますが、いやぁ今年はさらに冗談抜きに早かった(と毎年繰り返して言うんですよね)。さて、残りの1ヶ月も、気合いを入れて笑顔で行きましょう。

...
cold night brought frosty chill, frozen leaves, a beautiful winter morning.

11/7/2010 「雨降り」 2010年11月08日 その他 トラックバック:0コメント:2

110710.jpg

昨日は本当に久しぶりに一日中雨が降っていました。雨音で目覚め、お昼を食べに出かけたのも雨の中、寒いから人間も猫も丸くなって毛布にくるまって、新聞を読んだり、雑誌を眺めたり、基本的にボケーッとテレビを見て過ごす、という典型的な雨の休日を送りました。こんな日には、チビ君が貰ってきた数々のハロウィン用キャンディーにもつい手が伸びてしまいます。

一晩経って外を見てみると、すでに朝の太陽は顔を出していて、空気は澄み渡り、木々も葉っぱもキラキラ輝いていて嬉しそうです。さっそく庭には水気を吸って一目散に伸びてきた草の姿が。乾燥している夏には中々生えてこないんですけどね。凄い生命力です。やっと北カリフォルニアの秋らしい気候になってきました。

最近は、決して明るい話題ではないのですが、急に体調を崩したり、大きな病気にかかったり、そして結局はそんな病気に勝てなかったりした知人・友人の話をよく耳にします。先日も恩師のお葬式へ行ってきました。無念だったはず。まだまだ見たいもの、行きたい場所、会いたい人がいたはずです。元気でいること、笑顔でいること、人を大切にすること、今日を精一杯生きるということの大事さを、彼・彼女らから教えられます。本当に、それが全てなんだなって、心の底から実感出来る様になりました。

今日からまた新しい週が始まります。心を入れ替えて、動き出さなくっちゃ。皆様も、元気でね。

...
the start of rainy season, greens shine greener and brighter, raindrops feel nice.

9/9/2010「祈り」 2010年09月09日 その他 トラックバック:0コメント:2

090910.jpg

数週間前、私の大学時代の友人が卵巣癌に冒されている事が分かりました。あまり詳しい病状は分からないものの、発見時には既に第3期に突入してしまっていたらしく、今は毎日、化学療法を受けながらガン細胞と戦っているところです。

彼女は私の一つ年上で、在学中に高校時代から一緒だったボーイフレンドとあっという間に結婚し、大学で一緒に学んだものとは全く違う分野に進んでバリバリに働いていました。写真について語りながらランチを食べ、冗談を言い合って一緒によく笑った友人です。卒業後はあまり会う機会も少なくなっちゃったけれど、細い糸でもちゃんと繋がっていました。

そんな彼女から知らされたこの厳しいニュースは、私の胸に深く突き刺さりました。頭を剃った彼女は、一日6時間ものキモセラピー(化学療法)をこなし、それから血液の白血球に関する治療を続けるサイクルを繰り返しているそうです。副作用も激しく、吐き気やしびれでそうとう大変みたい。人に会うのすら辛い時期かもしれない。でも彼女が必死に戦いを繰り広げている感じが伝わってきます。頑張って。あぁ、こうして書いているだけでも胸が苦しくなってきちゃう。

私に出来る事は本当に限られています。毎日彼女の事を想うこと。自分で辛いなぁと思っていた日課(私にとってはランニング)を、彼女の闘病生活に捧げながらちゃんとやり遂げる事。毎週励ましのカードを送る事。助けが必要な時にはすぐに飛んで行ってあげられる事。私の気持ちが、願いが、少しでもガン細胞をやっつける手助けになるのを祈っています。折り鶴には効果があるのかな。

本当にたくさんの境遇の元で人間は日々暮らしていますよね。様々な悲しみや苦しみや理不尽な暴力もあるけれど、その逆に、きっとそれ以上に嬉しさや愛しさや優しさをも存在しているわけで。人生、本当にいつ何が起こるか分からない。だからこそ、自分の近くにいる人々が気持ち良く生きられる様にしたいです。そのために、家族や友人や地域の人々にできる事は何だろう? 少し考えれば分かる自分なりの答えを、私も常に胸の中に刻みつけておこうと思います。ちゃんと行動に移せる様に、時には自分を叱咤しながら。

...
an origami crane holds my wish for steady recovery of a friend, who battles cancer today.

4/20/2010「通学路」 2010年04月20日 その他 トラックバック:0コメント:4

042010.jpg

アメリカでは、子供を学校まで車で送り迎えするのが殆どのご家庭での習慣ですが、私はなるべくチビ君と一緒に歩くことにしています。大人の急ぎ足で15分程度の距離。チビ君と一緒だと、花を摘んだり虫を発見したり電車が通過する度に立ち止まったりするので30分くらいかかりますが、私はこの通学路っていうものが大好きです。

日本では小中学校までは歩いて登校すのが常識だった様に思います。可愛い子犬のいる家の側を通るのが楽しみだったり、お菓子屋さんを覗いたり(あぁ、10円の駄菓子!)、公園で寄り道したり、お友達とお喋りして歩く道程は学校生活の一部としては欠かせないもので、なかなか楽しかったのを覚えています。

チビ君は走るのも遅いし、行動もかなりマイペースだけれど、歩く事に関してはあまり文句を言いません。割とどこまでも歩いて行けるタイプです。電車や踏切の音を真似ながら大声を出しても誰に注意される事もなく、いろんな落ち葉に興味を持って拾って来たり、水たまりに進んで飛び込んで行ったり、彼も彼なりに散歩を楽しんでいる様です。毎日ママと一緒に歩いた時間を子ども時代の思い出として、長く記憶の奥に留めてくれるといいなぁ。

そもそも通学路っていう言葉自体が、なかなか素敵ですよね。英語でピッタリと該当する単語って、ないんじゃないかしら。これも私の「ステキ日本語」に加えておきましょう。

写真は「ここはスクール ゾーンですよ」っていうのが記されているサインと、気持ちいい空。そして元気な木々。ポカポカ散歩日和に撮った一枚です。

...
blue sky and cheerful clouds, cozy afternoon, time to pick up the boy at school.

3/23/2010 「公園にて」 2010年03月24日 その他 トラックバック:0コメント:0

032310.jpg

ある晴れた休日。気持ちが良いのでチビ君と一緒に公園に行ったら、あまり気持ちの良くない会話を聞きました。

子ども達が遊んでいる場所には、もちろんママさんやパパさん達もたくさん来ます。ジジさんもババさんもいます。その中に、奥さんと男の子を二人連れて遊びに来ていた、元気な若いお父さんがいました。そのお父さんに別の女の子が話しかけ、周りに居た子ども達も話しかけ、彼は丁寧に笑顔で応えてくれる。よくある平和な公園の風景でした。

しばらくしてそのお父さん一家が帰った後、女の子の母親は厳しく言いました。「あなたがあの男の人に笑顔で近づいて行ったのを見たわよ。知らない人に話しかけちゃダメだって言ったでしょ!特に男性は絶対ダメよ。誘拐されるかもしれないんだから。分かった?他人に近づくのはダメ!」

私は唖然としてしまいました。昼間の公園の、このシチュエーションで、それを言うか?

一気にションボリしてしてしまった3歳くらいの女の子が本当に気の毒で、私はその母親に怒りさえ感じてしまいました。本気で「誘拐」とか言ってんの、この人?としばらくその会話を聞いていましたが(私のすぐ側に居たんです)母親はどうやら真剣そのもの。子どもを守るという名目で、子どもを殻に閉じこませてしまう典型的な例を見た気がしました。

この広い世界中で、この先の人生で、日々の生活で、子ども達は「知らない人」に囲まれて生きて行くわけです。他人だった人が友達になったり、恋人になったり、恩師になったり、同僚になったりしていく。人とどう付き合って行くかは、生きて行く上での最重要項目の一つです。世間には悲しいニュースもたくさんありますが、だからこそ、せめて公園で出会う人くらいには笑顔で挨拶をしたい、私はそう思います。

(写真は「気持ちのよい公園日和」を裏付けた日の一枚です。)

3/22/2010「春の日々」 2010年03月22日 その他 トラックバック:0コメント:0

032210.jpg

今年の冬はずっと雨が降っていた記憶しかないので、近頃のこの陽気は大歓迎です。というか、これから来るカリフォルニアの夏のことを考えると、あの肌が焦げていく感じを思い出し、微かに気が滅入ってきます。「あぁ、気持ちいいやねぇ、梅や木蓮がキレイだねぇ」と婆さま的ココロで散歩を楽しめる日々。あまり長くは続かないけれど最高です。秋はもっといいですけどね。

さて。3月もそろそろ終わりじゃん!というのに、まだ風邪をこじらせている我が家の住人達。チビ君は相変わらず夜中の咳に苦しみ、今ではダンナまで寝込んでしまいました。私も万全ではないけれど、大人が二人も家でボケーッとしていると、あっという間に家の中がブタ小屋化してしまいます。豚は私だけで十分です。(久しぶりに体重計に乗ったらヤバいことになってました。冷たい汗が出てきました。)

この頃、いろんな人と会ったり、喋ったり、本を読んだり、勉強したりするので、頭の中で考えるイロイロを言葉にして書き留めておきたいのですが、なんだかこのブログではしっくりきません。文章に似合った写真を撮らなきゃいけないと意気込んじゃうからかなぁ。逆に写真と全く関係ない事をダラダラと書くのが躊躇われるのかしら。「今日もパチリ」じゃなくて「今日もポツリ」だったらもっと書きたい事が書けるんだろうかなどと思ったりもします。

...
a warm spring afternoon, blue sky and massive clouds, welcome long days.

1/22/2010 「大雨のベイエリア」 2010年01月22日 その他 トラックバック:0コメント:0

012210.jpg

ここ1週間、記録的な大雨が続いています。まだ降るの?と半ば呆れがちに空に向かって問いたくなるくらい降ってます。いつも水不足で大騒ぎになるカリフォルニアにとっては嬉しいニュースのはずですが、あちこちで土砂崩れやら洪水やらのニュースも耳にします。なかなか難しいですね。

でも、私は雨が大好きです。まず、起きた時に雨音が聞こえてくると一日のムードが変わるのがいいですね。毎朝飲んでいる濃いコーヒーも一段と美味しく感じられるってもんです。いつもより暗くて、寒くて、ちょっと寂しくて、そんなところが何だかとても落ちつきます。

最近はカメラを手にする機会が少なくなってしまいました。だから「今日こそは何か撮りに行こう」と意を決して出かけない限り、家に居る事が多いです。今日の一枚は、水たまりに浮かぶ波紋を眺めて遊んでいた所を、たまたま通った赤い革の人を一緒に撮ったものです。雨上がりの世界を撮るのはとても楽しいですね。久しぶりにいい気分を味わえました。

...
dark cold days, raindrops, a red umbrella passes by.
 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。